岡山市の皮膚科・アレルギー科。岡山県の乾癬・水虫・にきび・円形脱毛症・湿疹・アトピー性皮膚炎・じんましん・ほくろ・ピアス・小じわ・しみ・くすみ・にきび痕。

 
   
アレルギー科 目次
ア行
カ行
サ行
ハ行
ラ行

アレルギー科

アトピー性皮膚炎

■アトピーの仕組みを知りましょう
アトピー性皮膚炎
病院の薬(アレルギーの薬・ステロイドの薬など)は症状を抑えているだけにすぎません。悪くなる原因を取り除くこと=生活習慣改善こそが体質改善であり、治療の基本です。何か特殊なサプリメントや漢方薬を使っていれば環境がどんなに悪くてもアトピーにならないなんておかしな話です。地道な生活改善で、「皮膚炎がなるべく出ないようにコントロールする」事がアトピー治療の目的なのです。
■アトピー性皮膚炎には診断基準があります
しつこい湿疹が出ると「アトピー?」と考えてしまいがちですが、アトピー性皮膚炎には診断基準があり、全ての湿疹がアトピーというわけではありません。専門医で診断を受けましょう。
■アレルギーの原因を調べるには?
血液検査で環境アレルギーや食物アレルギーを、パッチテストで接触アレルギーや金属アレルギーを調べます。皮膚症状や年齢で「何を調べるべきか」が変わってきます。皮膚の状態を診て必要な検査をします。
■スキンケアで皮膚バリアを補強します
皮膚のバリアが弱いと、外からアレルゲンが入りやすくなります。毎日のスキンケアはアレルギー対策と並ぶアトピー治療の柱です。
■脱ステロイド?いい事です!
「生活改善=体質改善」や「スキンケア」が治療の基本ですが、日常生活の中では完全にできません。そのギャップを埋めるのがステロイドを中心とした薬です。生活改善やスキンケアをしっかりすることで使わないで済むようになる=脱ステロイドが治療の最もよい形です。脱ステロイドできるかどうかは、日頃の生活改善をどれぐらいしっかりできるかにかかっているのです。
 
■新しい光線療法=ナローバンドUVB・エキシマランプ
新しい紫外線療法=ナローバンドUVB・エキシマランプ療法が保険適応となっています。
乾癬アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症円形脱毛症・白斑やある種の皮膚癌などでも高い効果が認められています。詳細はこちらをご覧ください。
ただ紫外線には発癌性がありますので、専門医による診断・治療計画が必要です。当院でも積極的に治療を行っています。
 
アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎 乾癬 乾癬
重度のアトピー性皮膚炎での紫外線治療 乾癬での紫外線療法
   
■アトピー性皮膚炎に関連した情報
以下のサイトでアトピー性皮膚炎に関係した情報が紹介されて います。偏った情報に振り回されず、正しい情報を参考にする ようにしましょう。

アトピー性皮膚炎全般については、
http://www.maruho.co.jp/booklet/03atopy/
主に乳児の食物アレルギーについては、
http://www.meiji-hohoemi.com/baby/allergy/index.html
http://www.hagukumi.ne.jp/caremamapapa/babyfoodallergy/01.shtml

 
■アトピー性皮膚炎の新しい治療(シクロスポリン)
上記のような生活習慣の改善やスキンケア、アレルギー対策をしてもどうしてもコントロールが難しい重症のアトピー性皮膚炎に免疫抑制剤の一種である「シクロスポリン」が保険適応の治療となりました。
使用に当たっては、皮膚の悪性腫瘍の鑑別や血圧・腎機能のチェックなど細かい注意が必要ですが、適切に使用すれば非常に効果的です。
必要に応じて主治医の先生とご相談下さい。より詳しい情報は以下のサイトで得られます。

http://www.neoral.jp/patient/index.html
 
このページのトップ

アナフィラキシーとエピペン

■アナフィラキシーとは何か?
重症の食物アレルギーや蜂刺症では、アナフィラキシーという重症のアレルギー反応をおこすことがあります。アナフィラキシーとは皮膚粘膜症状(痒みやじんましん、目・唇の腫れ)や、息苦しさ、腹痛・嘔吐などの胃腸症状、くらくらする(血圧低下)などの症状が同時に現れ、ひどい場合には死に至ることもある強いアレルギー発作です。こういった症状が繰り返し起こる方は、エピペンという緊急対策注射を自分で持っておくことになります。
http://allergy72.jp
■エピペンとは?
エピペンとはアナフィラキシーが起こった場合に一時的に重症化を抑える補助治療剤(アドレナリン自己注射)です。医師の処方を受けることで入手できます。大切なのはあくまで、医療機関を受診するまでの「つなぎ」であるという事です。自己注射をした後は速やかに医療機関を受診する必要があります。エピペンやアナフィラキシーについてさらに詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://www.epipen.jp/top.html
■どんな時にエピペンを使うべきか?
自己注射というのは「怖い」イメージがあり、また本人が注射を打てない状態の場合、保護者および教職員・保育士・救急救命士の方が注射する場合もあります。日頃注射を打ちなれていない方が他人に注射をするのは大変難しいですが、タイミングが遅れると手遅れになることもあります。日本小児アレルギー学会が示した下記の基準をよく覚えて、そういった場面に遭遇したらまよわず注射を行うように、日頃からイメージトレーニングをしておくとよいかもしれません。
■小児アレルギー学会の一般向けエピペンの適応
エピペンが処方されている患者さんで、アナフィラキシーショックを疑う場合、下記の症状が一つでもあれば使用するべきである。
このページのトップ

花粉症(アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・花粉皮膚炎)

■どうして起こるの?
ダニ・ハウスダスト・カビ・ペットなどの「通年性のアレルゲン」やイネ・スギ・ヒノキ花粉などの「季節性のアレルゲン」に反応し、鼻や眼の粘膜が刺激されることで鼻なら「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」、眼なら「痒み・赤み・涙」といった症状が起こります。
花粉皮膚炎 ■花粉症って皮膚にも出るの?
アレルギー性鼻炎・結膜炎と同様、皮膚にも花粉症があります。まぶたの痒みや鼻周囲のムズムズだけで、目や鼻水の症状を伴わないこともあります。
左の写真は花粉皮膚炎の典型的な症状です。
■検査・治療は?
年齢・症状によってアレルゲンを予想し、必要なアレルゲンの血液検査を行います。また点鼻・点眼・軟膏などの外用剤と抗アレルギー剤・漢方薬などで総合的に治療しますが、アトピーと同様、最も大切なのは日常のアレルゲン対策です。アレルゲンや症状の出る季節がわかっている場合は、症状がでる少し前から治療を始める予備治療で、シーズン中の症状がかなり改善されることがわかってきています。
■花粉症についてさらに詳しいことは・・・
いまや国民病ともいえる花粉症。様々なHPがありますので、幾つかご紹介しておきます。
花粉症ナビ http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/
厚労省花粉症特集 http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/kafun.html
このページのトップ

金属アレルギー

金属アレルギー
金属アレルギー

■食べ物にも金属が含まれています
アクセサリーや時計だけでなく、歯科金属・身の回り品に含まれる金属(ベルトのバックル、革製品など)、食物に含まれる金属などもアレルギーの原因になります。

■歯の治療前に金属アレルギーのチェックを
歯の治療には金属を使う場合が多く、治療が進んでから金属アレルギーがわかって困る場合もあります。治療前に金属アレルギーの検査をしておきましょう。

■ピアスと金属アレルギー
ピアスは金属アレルギーになりやすい行為です。特にピアスホールを開ける時になりやすいので医療機関でピアスホールを開けるようにしましょう。

■症状・検査は?
手足や体に湿疹ができたり、粘膜に着色したり、アトピー性皮膚炎が悪くなったりします。症状の場所や性状など皮膚・粘膜を診て必要な検査を行うこともあります。
このページのトップ

光線過敏症

■光に反応して皮膚の症状が出る
地球には太陽から光が降り注いでいます。また、人間が人工的な光源で作り出す光もあります。こういった各種の光に反応して皮膚症状が出るのが光線過敏症ですが、非常にたくさんの種類があります。専門的には細かく分類されますが、ここでは一般の方にわかりやすいような形で説明をしています。
光線過敏症
飲み薬の光線過敏症。長袖から出る手首から先が赤く腫れている。
光線過敏症
湿布による光線過敏症。数ヶ月前に貼った所に一致して炎症が出現。
■薬に関係した光線過敏症
飲み薬で光線過敏性の皮膚炎症を起こす薬はたくさんあります。痙攣の薬、痛み止め、抗菌剤、降圧剤など、一般的に良く使われる薬に多いため、注意が必要です。顔・うなじ・クビ・手の甲など、全身的に、光に当たりやすいところに赤みや痒みが出てきた場合に疑う必要があります。上左は痛み止めの薬での光線過敏です。
塗り薬で最も頻度が高いのはシップです。シップの薬は筋肉に届きやすいように皮膚の深い所まで薬の成分がしみこんでいます。薬そのものにかぶれることもありますが、皮膚にしみこんだ薬がシップを貼らなくなってからも数ヶ月間も皮膚の中にとどまり、光が当たるたびに赤く痒くなる事があります。特にケトプロフェンを含む製剤はよく売れていることもあり、頻度が高いので注意が必要です。上右の写真はシップを数ヶ月前に貼った所に、外で運動したときに症状が出た例です。 他にもある種の薬を飲むことでメラニン色素に異常をきたして皮膚の色が白く抜けたりする特殊な薬物性の光線過敏症もあります。
■一般的な意味での「光線過敏症=日に焼けやすい人」
一般の人が考える「光線過敏症」で、「外に長時間いると痒くなりやすい」「主に春から初夏に手の

光線過敏症
内臓の病気が隠れていた光線過敏症。
露出部にくっきり赤み。
甲や腕、前胸部などに小さなブツブツがでる」といった症状です。慢性的に続いて皮膚がゴワゴワになったり、毎回の様に赤く腫れあがったりということが無ければあまり心配することはありませんが、症状が激しい場合には内臓と関係した光線過敏症も考えなければなりません。症状がしつこく続いて心配なら専門医への受診が必要です。

■内臓と関係した光線過敏症 〜知っておくことが大切〜
遺伝的な病気や、ある種の悪性腫瘍、膠原病などの全身的な病気と関係した光線過敏症もあります。ただ、こういった光線過敏症は、血がつながった家族に同じような症状があったり、明らかに症状が激しかったり、繰り返し毎年の様に症状が出現したり、熱や関節痛、腹部症状など様々な他の症状を伴うことがほとんどです。光と関係して内臓に関わる病気があることを知って、異常があるようなら早めに専門医を受診しましょう。
 
このページのトップ

食物アレルギー

■子供の食物アレルギー
特に一歳未満では、免疫力や胃腸の働きが未完成なので食物アレルギーが起こりやすい状態です。成長につれて次第に丈夫になり、小学生になる頃には多くの場合改善します。血液検査が陽性のままでも食べても症状が出なくなる場合も多くあります。胃腸が発達段階にある頃に、胃腸の善玉菌にダメージを与えることが食物アレルギーと関係していると考えられるようになってきています。不必要な抗菌剤の使用に注意し、発酵食品などを積極的に取るように心がけましょう。
■検査の前に必要な事
呼吸困難などの激しい症状が無い場合は、まず、適切なスキンケアと外用治療を行います。きちんとした皮膚の治療をしているにもかかわらず、症状が改善しない場合に、検査を行います。子供は大きくなるのが一番の仕事です。食物制限は成長制限につながります。まず適切な治療を行うことが大切なのです。
■アレルギーの検査について
アレルギーの検査は、「除去・再投与テスト」が最も信頼できます。他に「プリックテスト・皮内テスト」「血液検査」がありますが、これらはあくまでも「大体の目安」です。プリックテストでは痛みがほとんどないので、小さい子供でも怖くない利点があり、血液検査は一度に多くのアレルゲンを調べやすいという利点が有ります。下にプリックテストの写真を示しています。
アレルギーの検査について
アレルゲン液を皮膚表面に
置いて・・・
ランセットという道具で皮膚に
小さなキズをつけて・・・
反応を見ます
(ダニが陽性所見)
■食物除去について
治療は除去食が中心ですが、検査で陽性なものを全て除去すると栄養不足になってしまうので食べて悪くなるものだけ除去します。呼吸困難や血圧低下などの激しい症状を伴う場合は入院して負荷検査を行ないます。
■小学生以降〜大人の食物アレルギー
小学生以降の症状で多いのはじんましん・息苦しさ・めまい・腹痛などです。同じ食品を食べても症状が出る時と出ない時があります。食後1時間以内の激しい運動は避け、鮮度の悪い食品は食べないようにしましょう。小学生〜成人では、「食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA)」や「口腔アレルギー症候群(OAS)」などに注意が必要です。
■食物アレルギーに関連した情報
以下のサイトで食物アレルギーに関係した情報が紹介されています。参考にしてみてください。

http://www.meiji-hohoemi.com/baby/allergy/index.html
http://www.hagukumi.ne.jp/caremamapapa/babyfoodallergy/01.shtml
http://www.food-allergy.jp/index.html
このページのトップ

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA)

■小中高生〜成人に多い食物アレルギー
小学校に上がるまでは、「食品を食べたらアレルギー症状が出てくる」のがよくある症状ですが、年長児以降では、「何か特定の食品(例えばエビとかカニ)を食べたときだけアレルギーになる」とか、「何か特別な条件が揃うとアレルギーになる」という事が多くなります。食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA)もその一つです。
■小麦製品を食べた後に運動するとアレルギーになるのがFDEIA
成人では主に小麦製品(麺類やパン類など)、小児では小麦製品やエビ・イカなどを食べた約1時間後に運動をすることで、顔の一部が腫れたり、血圧が下がって失神したり、息が苦しくなるというのが主な症状です。学校に通っている場合には、例えば昼食後の体育などが最も危険だといえます。学校の先生方にも知っておいていただきたいアレルギーです。
■痛み止め・解熱剤で更に危険度アップ
痛み止めや解熱剤(主にピリン系)を飲んでいると、FDEIAが起きる確率が更に上がることがわかっています。生理痛・頭痛の薬や総合感冒薬などに痛み止め・解熱剤の成分がよく含まれていますので、注意が必要です。
■対処法・注意点など
気持ち悪くなる程度のアレルギー症状なら、休ませて様子を見てもいいですが、失神したり倒れたりするほどの激しいアレルギー症状が起こった場合にはすぐに入院施設のある病院へ連れて行きましょう。予防としては食後1時間前後の運動を避けること、薬を飲んでいる場合には更に気をつけることです。学校では昼食後すぐの体育の授業などは避けるように注意していただきたいと思います。
このページのトップ

じんましん

じんましん ■じんましんの特徴は?
ひっかくと赤くなったりふくれます。ほとんどが1日以内に消えますが、別の場所に新しい皮疹が出てきます。全身のどこにでも出て、顔が腫れることもあります。まれに声がかすれたり、お腹が痛くなったりすることもあります。
■原因・治療は?
皮膚症状を診て血液検査を行うこともあります。一般的には日本皮膚科学会のガイドラインに従って抗アレルギー剤を中心とした治療を行います。
このページのトップ

石鹸や化粧品などを原因とする食物アレルギーや皮膚の痒み

■コムギの加工物が石鹸や化粧品に使われる事がある
コムギ加工物(加水分解コムギ末や水解小麦末などと表示されている)を含む化粧品(クリームなどの基礎化粧品、メイクアップ化粧品、育毛剤など)や洗浄剤など(シャンプー・リンス・石鹸・入浴剤など)を使用してアレルギーになったと考えられるという報告が増えています。洗顔や入浴後の顔の腫れや赤み等の症状が現れる場合が多いようです。一部のメーカーでは製品の自主回収を行っているようですが、自分の使用している製品の成分をチェックして使用する習慣をつけた方が良いでしょう。
■全身のアレルギー症状に発展する事も
コムギは食品(麺類、パン、肉のつなぎ、お菓子など)および食品添加物(植物性蛋白、小麦蛋白、蛋白加水分解物などと表示)として口にする事が多い食品です。化粧品や洗浄剤などに含まれるコムギ加工物でアレルギーになった場合、食品中に含まれるコムギ加工物を食べると蕁麻疹のような症状が出たり、食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA)になる可能性もありますので注意が必要です。
■「茶のしずく」石鹸を原因とするアレルギーについて
上記のような症状を誘発する製品として代表的な製品が「茶のしずく」石鹸です。より詳しい情報については下記ページをご覧ください。
http://www.allergy.go.jp/allergy/flower/index.html
顔の赤みや腫れから発症することが多いので、基本的には近所の皮膚科専門医を受診されれば良いでしょうが、呼吸困難やアナフィラキシーなどの全身症状を伴う場合には、入院設備を持つ医療機関の方が良いでしょう。
■加水分解小麦プリックテストについて
一部のアレルギー学会所属医療機関では「茶のしずく」などに含有される加水分解小麦のプリックテストを受けることができます。上記リンク先でプリックテストが受けられる医療機関の一覧を見ることができます。当院でもプリックテストを受けることができます。一般にプリックテストで強いアレルギー反応(アナフィラキシーや検査後の強い皮膚炎および色素沈着)を起こすことは稀ですが、加水分解小麦ではこのような強い反応が起こりうる事が知られています。当院ではプリックテスト終了後60分程度は院内で経過を見ることにしています。安全のため、受付終了の一時間前までしかテストをおこなっていませんのでご了承ください。
このページのトップ

接触アレルギー(かぶれ)

接触アレルギー(かぶれ) ■身の周りはかぶれるものでいっぱい!
シャンプー・染毛剤・皮革製品・塗料・各種コーティング剤など、現代人の身の周りにはかぶれるものがあふれています。
■「自然派」「アレルギーテスト済み」「無添加」でもかぶれる
必ずしも化学物質がダメで自然のものが良いわけではなく、アロエやヘナ(毛染め)でもアレルギー症状が報告されています。また「アレルギーテスト済み」というのは「ある一定の人数でアレルギーのテストをした」という意味で、どんな人でもかぶれないという意味ではありませんし、「無添加」とは「表示義務のある成分は添加していない」という意味で、かぶれる可能性のあるものは全く添加していないという意味ではないのです。「無添加のもの・自然派のものを使っているからかぶれるはずが無い」という事はないということを知っておきましょう。
接触アレルギー(かぶれ) ■検査はパッチテストで行います
家で使用しているものでパッチテストを行います。「陽性反応が出ない=皮膚炎の原因ではない」訳ではなく、検査は一つの情報に過ぎません。検査の結果や症状を踏まえて診断を行います。
■美白成分ロドデノール含有化粧品の皮膚障害について
現在大きな話題となっている美白成分ロドデノールによる皮膚障害(白くなったりまだらになったりする)については、現在進行形で症状の経緯や治療法などが模索されている状態です。使用の中止に伴い、半年〜一年で次第に症状が回復してくると考えられていますが、重症の場合には長期の経過を見てみないとわからないと考えられています。まずお近くの皮膚科専門医を受診してご相談ください。下記に現時点での新しい情報が記載されています。
http://www.dermatol.or.jp/news/news.html?id=174
このページのトップ

ラテックスアレルギー・口腔アレルギー症候群など

■花粉フルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群・口腔アレルギー症候群など
植物の花粉とラテックスや果物のもつアレルギー物質が良く似ているため、花粉にアレルギーを持つ人が果物やラテックスにもアレルギーを持つ様になる病気で最近増えています。
■ラテックスとは?
天然ゴムです。手袋・日用ゴム製品・避妊具・医療器具など日常の様々なシーンで使われています。病院でラテックスを含む手袋で触られて気分が悪くなる事もあります。
■口やノドがイガイガする
触った所が腫れて痒くなる、口の中やノドの奥がイガイガする、眼周囲が腫れる、気分が悪くなったりフラフラするなどの症状が出ます。
■花粉による口腔アレルギー症候群について 
杉やひのきと並んで中国地方で注意が必要なのはハンノキです。ハンノキは町中の公園や山などにたくさん生えている樹木です。ハンノキはだいたい1〜6月に花粉を飛ばしてアレルギー症状の原因になります。中国〜九州地方ではアレルギー性鼻炎の患者さんの2割程度がハンノキにも感作されています。ハンノキにアレルギーがある患者さんの半数で口腔アレルギー症候群を発症すると考えられています。ハンノキアレルギーは血液検査で調べることができます。
■どんな食べ物で多いの? 
どんな花粉でどんな食物に気をつけたほうが良いかは下の表をご参照ください。ただし、この表に載っていない食物でも症状を起こすことがあります。実際に自分が食べて症状が起こったものは注意するようにしましょう。

どんな食べ物で多いの?

■検査・治療は?
症状を起こしやすい物質があるので、あらかじめ専門医でアレルギー検査をして、薬をもっておきましょう。それでも症状が起こった時は速やかに医療機関を受診しましょう。
このページのトップ
   
〒700-0027
岡山県岡山市北区清心町3-24
TEL:086-254-2323 FAX:086-254-8700
岡山県岡山市の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科。
乾癬・水虫・にきび・円形脱毛症・湿疹、アトピー性湿疹・蕁麻疹、
ほくろ・ピアス・小じわ・しみ・くすみ・にきび痕など。
Copyright (c) 2008 hattori-cl All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】